【日本7大稲荷or縁結びの神様?】妻恋神社の歴史(由来)や境内見どころ・ご利益を‥‥知りたぅぃ?

スポンサードリンク

【日本7大稲荷or縁結びの神様?】妻恋神社の歴史(由来)や境内見どころ・ご利益を‥‥知りたぅぃ?

東京の文京区湯島にある「妻恋神社」をご紹介します。

あまり有名な神社ではありませんが、由緒正しい神社として古くから存在しています。

読み方


「妻恋神社」の読み方ですが、読んで字のごとく、「つまこい」と読みます。

読み方からどんな意味合いでこの名前が付けられたのか想像してみてください。

そこには悲しい、だけど愛情に満ちた意味合いが込められています。

後ほど詳細を説明します。

創建年


正確な創建年は不明とされていますが、現存する文献の記述から、湯島天満宮南東の妻恋代を神社の領地(社地)として4世紀(300年代)頃に創建されたと考えられています。

境内の面積


境内の面積は決して大きくありません。

こじんまりとしたサイズ感です。

15人も人が入れば窮屈に感じてしまうほど小さな神社です。

私が参拝したのは土曜日のお昼過ぎでしたが、その日は5人ほど参拝客が訪れていました。

例祭


妻恋神社の例大祭は毎年3月の第2日曜日に行われています。

2019年度は3月10日(日)、2018年度は3月10日(日)に行われています。

妻恋神社の歴史(由来)

関東総司・妻恋神社の由来

妻恋神社の創始は、後でご紹介する日本武尊と弟橘媛命のエピソードまで遡りますが、その後、稲作が盛んだった土地柄、神社に稲荷神(倉稲魂命)を祀ったことから、妻恋稲荷とも呼ばれました。

第52代嵯峨天皇(809-823年)の御代には、天皇の命令(勅命)のもと、特定の地域内の神社の祭神を集めて祀る「関東惣社」に名を連ね、そこで神に授けられる地位の中で最も位の高い正一位をいただき、「関東総司妻戀大明神」と称したと言われています。

江戸時代には「関東稲荷総司」「稲荷関東惣社」と称し、関東八州を代表する稲荷神社として知られました。

度重なる焼失と再興

その後、天正年間(1573-92年)の間に徳川家康から二町四方(現在の約47000㎡、東京ドーム建築面積と同じくらい)の神社の領地(社地)を寄付されますが、1657年(明暦3年)、江戸三大大火の1つである振袖火事(別名:明暦の大火)が起こり、妻恋神社を含め、江戸は大半を焼失します。

1660年(萬治3年)に現在地で復興を試みますが、1923年(大正12年)の関東大震災にて火災が燃え移り、類焼してしまいます。

それでも1941年(昭和16年)に復旧しますが、またまた1945年(昭和20年)の東京大空襲により類焼します

この後、一時的に南東側の同朋町(どうぼうちょう、現在の外神田二丁目の一部など)に遷座しました。

9年後の1954年(昭和29年)に地域の住民(氏子)の有志らにより復旧が図られ、1971年(昭和46年)には同朋町会、妻恋会の氏子の寄付による資金で、大蔵省より土地を売り渡されます。(払下げ)

2011年の東日本大震災の際には本殿の屋根が崩壊するものの、多大な奉賛により、同年内に修復され、現在に至っています。

妻恋神社の主祭神とご利益

妻恋神社に祀られている神(祭神)は、三柱(みはしら)で成り立っています。

①倉稲魂命(うか(うがとも言う)のみたまのみこと)

  • 神格(ご利益)・・稲の神(女神)。稲荷稲生。五穀豊穣、商売繁盛、家内安全など。
    ※「うか」は古語で「食」の意味がある

「うかのみたま」と聞くとピンと来ないかもしれませんが、この神はいわゆる「お稲荷さん」として親しまれている、穀物を始めとする食物を司る神です。

うかのみたま神と稲荷神はもともとは別の神だったと考えられますが、性格が似ているために、古くからあったうかのみたま神に対する信仰と、奈良時代に起こった稲荷神への信仰が、次第に結びついたものと考えられます。

農耕に関するご神徳から派生し、農業以外の諸産業の興隆、商売繁盛などや、食物を司るという点から、家内安全など、幅広いご利益があるとされています。

②日本武尊(やまとたけるのみこと)

  • 第十二代景行天皇の第二皇子、第十四代仲哀天皇の父
  • 神格(ご利益)・・武神、軍神、国土神(農業神)。国土安穏、出世、開運招福、除災など。

日本武尊は、『古事記』『日本書紀』に登場する大和政権の統一に活躍した英雄で、『古事記』では「倭建命」と表記されます。

少年時代から異常な猛々しさを発揮して兄を殺してしまうなどし、父・景行天皇にうとまれ、その結果、全国の反抗勢力や未だ統一できていない地域の平定のための出征の命を受け、九州、出雲、東国と、各地を奔走します。

東国遠征に際して、伊勢神宮の斎宮で、叔母である倭姫命(やまとひめのみこと)から草薙剣(くさなぎのつるぎ)をもらうエピソードは有名です。(草薙剣は熱田神宮にご神体として祀られています)

③弟橘媛命(おとたちばなひめ) 

  • 日本武尊の妃

日本武尊と弟橘媛命のエピソードについては、以下でご紹介いたします!


スポンサードリンク -Sponsored Link-






「弟橘媛命」について

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)は体格が良く、武力にもすぐれていたため、父・景行天皇より「日本の全国統一」を命じられました。

日本武尊は東へと旅立つものの、走水(はしりみず)の渡り(現在の横須賀市)から千葉方面へ船で渡る途中に暴風雨に遭ってしまい、船が沈みそうになります。

その時、同行していた妃の弟橘媛命が「私が夫の身代わりに海に入って、海の神の心を沈めます」と、海に身を投じたのです。

これにより海は静まって、日本武尊は無事に房総に上陸することができ、さらには東国を平定し、大いに勲章を挙げることもできました。

帰路、日本武尊は国碓日嶺(うすいとうげ・群馬県と長野県の境にある峠)に登り東南の方を望みながら、「吾妻者耶(あずまはや)…(わが妻よ…)」と恋い慕ったそうです。

その時の野営陣地後が今の妻恋神社であり、「妻恋明神」という名称が、日本武尊の意を汲んだ村民たちによって付けられました。

また、「あづまはや」から関東のことを「あづま・あずま」というようになったとも言われています。

妻恋神社の境内図と見どころ

小さいながらも由緒ある妻恋神社は、拝殿、本殿、水子地蔵、妻恋稲荷、馬頭観音石碑などの見どころがあります。

まずは鳥居をくぐって、石段を上り、境内に入ります。

拝殿・本殿

鳥居をくぐってすぐ左側にあるのが拝殿です。

境内よりもやや高い位置に建っていることもあり、見上げるような形になりますが、入母屋屋根の正面に向拝(ごはい・こうはい)が付いた、拝殿としてはよくある様式の建物です。

「最近お賽銭を持って行ってしまう人がいて困ってる」といった内容の注意書きが出ていました。

普段、無人なのをいいことに、皆さんが信仰心から捧げたお賽銭を盗むなんて、けしからん輩がいるものです・・。

なお、拝殿の後ろに本殿(非公開)があります。

航空写真で確認する限り、切妻造・平入の建物で、5本の堅魚木(かつおぎ・鰹木)を乗せた、こちらも本殿らしい建物です。

拝殿よりも小さく、正面から見ると拝殿で隠れてしまう上、左右や背後も塀・建物があり、その姿を垣間見ることはなかなかできません。

水子地蔵

あまり目立ちませんが、入口から入って左手、拝殿の左脇に小道があり、

「水子地蔵」と書かれた看板を見つけることができます。

その奥に歩いていくと、赤ちゃんを抱いたお地蔵様が見えてきます。

お供えものもあり、多くの参拝者が来ていることが伺えます。

水子地蔵とは

水子地蔵とは、様々な理由で生まれる前に亡くなった胎児や、生まれて間もなくして亡くなってしまった赤ちゃん(水子)を祀ったお地蔵様のことを言います。
水子を供養するため、大小の寺院や墓地に、よく安置されています。

水子という呼称は、生まれて間もない間に海に流された日本神話の「水蛯子(ひるこ)」から転じたものだといわれています。

合掌している水子地蔵は、水子のお母さん代わりのお地蔵様で、慈母観音菩薩といい、お母さんが子供へ与える愛情と同じくらいの愛情を持つとされています。
そして杖を持って子供を抱っこしているお地蔵様は子安地蔵といい、妊婦さんの安産を見守るお地蔵様で、赤ちゃんを授かるために祈願する人も多くいます。

水子地蔵を見かけたら立ち止まって合掌し、健やかにそして幸せに暮らす子供達を祈ることもよいでしょう。

妻恋稲荷

五穀の神・お稲荷様のお社は、鳥居をくぐって目の前の、わかりやすい位置にあります。

小規模な社殿ですが、よく見ると彫刻が施され、階段には小さなキツネの像が置かれています。

白いキツネは、言わずと知れた、お稲荷様のお使いです。

境内の規模は小さいながらも「日本七社(日本七稲荷)」の1つに数えられ、古くから篤い崇敬が寄せられてきた歴史的背景が見えます。

馬頭観世音

真ん中に 「馬頭観世音」と彫られているのが見えるでしょうか?

十何年もの間、妻恋神社への夜中参りを続けてた岩金たつさんが、1945年(昭和20年)の東京大空襲の後、焼け跡から見つけ出した観音像を祭るための石碑を譲り受け、石碑に掘る彫刻代(当時の17,500円)の工面に悩んでいたところ、ある朝ぴったりの金額が入った封筒を拾い、彫刻代にあてることができた、というエピソードが残っている石碑です。

なお、馬頭観世音は「ばとうかんぜおん」と読み、菩薩の中で唯一、怒りの表情で描かれる観音菩薩です。

馬頭を頭上に乗せている、あるいは馬の頭を持つ仏とされ、人々の苦悩や煩悩を消し去る力を持つと言われています。

妻恋神社のねこまつり

年に2回、毎年2月と9月、湯島の地域は猫だらけになる日があります。

このイベントを「ねこまつり」と言います。

これは湯島にある商店・飲食店などが運営するイベントです。

妻恋神社ではこの期間、「猫祭り限定御朱印」が用意されます。

普段は込み合うことがめったにない妻恋神社ですが、この時ばかりは多少の行列ができるそうです。

それでも待ち時間は長くて20分かからないとか。※整理券が配布されます※

ねこまつり限定御朱印は猫の朱印が押されます。

御朱印について詳しくは、当サイト【ねこまつり限定御朱印も!】東京・妻恋神社の「御朱印・御朱印帳・お守り」をご紹介!でご紹介しています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






妻恋神社の豆知識!

妻恋神社に関わる豆知識をまとめてみました。

町内会で運営されています

妻恋神社は神田明神湯島天神という大きな神社の間に挟まれた小さな神社で、町内会によって運営されています。

神田明神と湯島天神に参拝する方がその途中で寄っていくことも多いそうです。

ホテル街の中の神社

妻恋神社に行く途中の道々に、ラブホテルや旅館が多いのに気が付くと思います。

これは、お参り前にはけがれや不浄なもの(体内から出るものという意味)をきれいにし、けがれのない清らかな状態にしてから参拝するという昔の習慣の名残が残っている、ということだそうです。

左隣もホテルでした↓

余談ですが、同じく江戸の浅草寺近くには、有名な吉原遊郭がありました。

これも、同じように、「浅草寺にお参りする前にけがれを落とす」という意味合いがあったということです。

妻恋神社の授与品(御朱印・御朱印帳・お守りなど)

妻恋神社で通常授与していただける御朱印は1種類です。

2019年10月に参拝したところ、ちょうどこの時期のみ、天皇陛下ご即位の記念御朱印を限定で授与されているということで、通常の御朱印と限定の御朱印をいただきました。

こちらは限定販売のため、なくなり次第終了とのことでした。

妻恋神社の御朱印とお守りについて詳しくは、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

【ねこまつり限定御朱印も!】東京・妻恋神社の「御朱印・御朱印帳・お守り」をご紹介!

妻恋神社(東京)の御朱印の関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ