湯島天神(湯島天満宮)の「梅まつり」には「どんな種類の屋台が何時頃から出店する」?

スポンサードリンク

湯島天神の梅まつりには屋台が出店する?

梅まつり期間中は、湯島天満宮の入口から本殿前にかけて屋台が出る。

境内には腰を下ろしてノホホ〜ンとダラシなくクソほど休憩できる和風テイストなベンチが設置されていて、そのベンチを取り囲むようにして屋台が配されている。….どんなベンチや

つまり、クソほど観梅しながら名物の合格饅頭や合格甘酒をクソほど頬張りながら、クソな胃袋へクソほど流し込むこともできよぅ‥‥ということ。ふぉっ、ふぉっ

梅まつりの出店(屋台)の数

  • 約30店

梅まつりの屋台の種類

年によっては、本場福岡・太宰府の「梅が枝餅」の屋台が出店していることもある。

例年の定番屋台としては、クソほど食べるとクソほど太ると話題の炭水化物のカタマリ、たこ焼き、焼きそば、お好み焼き、などなどクソ腹を痛めつけるほどシコ流しできる。

他に、和菓子を取り扱う土産物の屋台や、名物の甘酒の屋台なども軒を連ねる。

出店(屋台)の種類

  • たこ焼き、もんじゃ焼き、お好み焼き、焼きそば、唐揚げ、蕎麦焼き、海鮮イカ焼き
  • 焼きラーメン、わかさぎの天ぷら、鮎の塩焼き、フランクフルト
  • 大判焼き、あげもち、揚げまんじゅう、酒まんじゅう
  • あんず飴、フルーツ飴、煎餅、どら焼き、チョコバナナ、ベビーカステラ、梅が枝餅
  • 甘酒、ビール、日本酒

なお、いずれの屋台も湯島天神とは直接的な関係の無い、冥加金を支払って許可を得た後、出店している屋台なので、毎年同じ屋台が出店するとは限らない。‥‥が、炭水化物のカタマリ系は近年では毎年、出店している。 たこ焼き・お好み美味しいもんね〜💖 食いだすと果てしなく止まらん


スポンサードリンク -Sponsored Link-






おすすめ屋台のメニューはコレ!

酒まんじゅう

1個100円の酒まんじゅう(蒸し饅頭)や1個150円の揚げ饅頭は、梅まつりや菊まつりの際に出店する湯島天満宮の名物で、それぞれできたてホヤホヤ…あっ、アフっ。‥‥を胃袋へ流し落とすことができる。

蒸したての酒まんじゅう

合格甘酒

⬆️合格甘酒の屋台

また、学問の神様として信仰を集める湯島天満宮ならではのメニューもあり申す。

合格梅干し

⬆️合格梅干しの屋台

梅は残念無念ながら境内の梅ではないとのこと。(一部、境内の梅を株分けして累代を重ねた梅が使用されているとのこと)

お土産用「甘酒」(大/小)

湯島天神の梅まつりで販売している名物の甘酒を手軽に家庭でも楽しめるようにパック詰した一品。

袋からスプーンなどで取り出した本品に対し、その2〜3倍の熱湯をぶッかける。

オススメは生姜、ゆずなどを入れると芳醇な香りがして、楽しみ方が倍増する。

ちなみに酒粕は美容にも良いので透明タマゴ肌を求めるオナゴは必見💖 ふぅぅ〜ン💖

湯島天神限定!江戸風味七味唐辛子

江戸風味唐辛子とは、俗に「内藤とうがらし」と呼ばれる東京都新宿で栽培された唐辛子を使用して、「七味」をミックスくすクス….ふぁ〜コチョば‥‥した七味唐辛子。..意味不明

江戸風味唐辛子に使用される原料となる七味は、芳醇な風味と辛さが決め手の特徴的な逸品。

辛さもさることながら、汁物に入れると湯気とともに独特の匂い(香り)も味わえることから人気を博し、将軍家御用達として献上品になるなど、瞬く間に「江戸風味唐辛子」と知られるようになった。

この唐辛子は家光公の御代となる1625年頃、両国の薬研堀(やげんぼり)で盛んに売り出されたことから、「薬研堀七味唐辛子」とも呼ばれ、現在でもこの名称を商標としている店がある。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






湯島白梅缶

「湯島限定」や「湯島白梅缶」という文字が見えるが、これは湯島名物の白梅をデザインした入れ物(缶)を使用しているからであり、中身は「江戸風味七味唐辛子」。

江戸風味七味唐辛子は色彩からも楽しむことができるほど、見た目の色合いもユニーク💖

なんでも初代店主が漢方薬から着想を得て完成させたとかで、実際に下記のような漢方の効能も包含される。

  • 黒胡麻:緩下剤、点鼻薬
  • 唐辛子:脂肪燃焼、血行促進、健胃
  • 陳皮:鎮嘔、鎮咳、解毒
  • 山椒;健胃、食欲増進、ボケ防止
  • 麻の実:緩下剤(便秘を解消)
  • のり:血管強化作用
  • けしの実:鎮咳、鎮静、止瀉薬(ししゃやく)

湯島天神の屋台の出店時間

それぞれの屋台には店主が存在するので出店時間は店主の気分次第といえるが、概ね湯島天神の社務所がオープンする時間帯に合わせて屋台も開店している様がうかがえる。

実は湯島天神には合格縁起物を販売する屋台が年中、出店していて、おおむね朝8時頃から夜17時頃まで営業している。

だけれども、梅まつり期間中の開催時間は19時30分頃までなので、それに合わせる形で営業時間を延長する屋台もある。

ただ、梅まつり期間中には全国から炭水化物のカタマリ系3キロ増えた‥‥などを代表例とした屋台たちが、ワチャワチャとやって来ることから、中には合格縁起物を販売する屋台もあろぅて。…”ワチャワチャ”て、どゆ意味や 何語?

湯島天神の梅まつりの関連記事一覧

colored_bg color=”light‐green” corner=”r”]

関連記事: 湯島天満宮(湯島天神)の「梅まつり」の日程・見ごろ時期はいつ?屋台は出る?「開花状況・混雑状況・ライトアップ」などについて

関連記事: 【肩コリ以上に凝った限定御朱印】湯島天満宮(湯島天神)の御朱印!種類一覧!「初穂料(値段)・授与場所・受付時間」を‥‥知ってみる?

[/colored_bg]

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ