上野公園のお花見の混雑状況や混雑を避ける方法って‥‥あるとしたら知りたぃ?

スポンサードリンク

上野公園のお花見の混雑状況や混雑を避ける方法って‥‥あるとしたら知りたぃ?

このページでは上野公園毎年春の恒例行事ともいえる花見の混雑具合や混雑を避ける方法について述べています。

上野公園の花見の人出は何人?

例年の平均で算出すると、上野公園のお花見には1日で数十万人が訪れます。

ソメイヨシノがやっと開花した頃から、ほどんど散ってしまうまで、2週間程度に渡って、「激混み!」の状態が続きます。

花見に来る人が多い日は何曜日?

特に土日・午後(お昼時~20時)・晴れの日は人出が多くなりがちです。

週末の桜通りや噴水前広場のイベント会場周辺は、自由に歩き回れないほどの人ごみになります。

どうしてもシートを敷いてお花見をする必要があるわけでなければ、桜通りで立ち止まらず、上野東照宮不忍池方面へ行き、歩きながら桜鑑賞をするのも方法の1つです。

競争率は高いものの、不忍池のほとりにはベンチも複数設置されています。

上野公園のお花見!-混雑を避ける方法-

上野公園でお花見するのであれば、混雑は覚悟の上で行くしかありません。

ただ、比較的人の少ないタイミング・場所を狙うなら、以下の方法がおすすめです。

  • 土日は避けて平日に行く
    ※若干、ましになるという程度で、混雑は必至です※
  • 午前中にお花見を終える
    ※早ければ早いほど良いでしょう※
  • 雨の日、または、雨上がりに行く
    ※花見客はやや減るものの、桜の見栄えは今一つになります※
  • 桜通りを避ける
     桜マップを参考に、公園内の色々な種類の桜を見てみるのもおすすめです

上野公園の桜(花見)の関連記事

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ